Search the website
 
   
  軍需産業から宇宙開発事業、工業製品、電化製品に至るまで、幅広い分野で皆様の生活に役立つ商品をご提供させて頂く
アナハイム・エレクトロニクス社(ANAHEIM ELECTRONICS,Inc.)の開発部へようこそ。
 
 
RMS-099 RICK-DIAS Develop Of ANAHEIM ELECTRONICS,INC.

RMS-099 RICK-DIAS

エゥーゴ(Anti-Earth Union Goverment(=Anti-Earth Union Group))とアナハイム・エレクトロニクス社(Anaheim Electronics,Inc.)により共同開発された、第ニ世代MSの先駆となった機体である。
装甲材にガンダリウムγ(Gundarium GAMMA)を採用したため、完成時には「γガンダム」と呼称される予定であった。
しかし、アクシズ(Axis)からガンダリウムγをもたらしたクワトロ・バジーナ大尉の希望により、宇宙用の機体を意味する「リック」、エゥーゴの活動が単なる抗議運動から実力部隊を伴うまで先鋭化し、組織としての折り返し地点に到達したことから、南アフリカ・喜望峰の発見者バーソロミュー・ディアスの「ディアス」を合わせて、「リック・ディアス」と命名されることとなった。

メインカメラはジオン軍で採用されていたモノアイを更に機能化した広角レンズタイプになっており、得られた映像を補正して全天周囲モニターに投影している。
同方式は従来型モノアイに比べてメインカメラ部分を大きく可動させる必要がないため、頭部の軽量化とメンテナンス性向上に寄与している。
腹部に大型のジェネレーターを設置したため、通常では腹部にあるコクピットは頭部に移動しており、パイロットは左側頭部にあるハッチから搭乗する。
コクピットブロックは緊急時に射出されて脱出用ポッドとなる。

通常ならバックパックが配置される背部には、プロペラントタンクを兼ねるバインダーを2基備えている。
これはガンダム試作2号機(GP02A)のフレキシブル・バインダーの延長上に位置するものであり、同バインダーのAMBAC効果とガンダリウムγによる機体重量の軽量化との相乗効果で、見かけ以上に軽快な運動性を実戦で示した。

固定武装は頭部にバルカン・ファランクス、腰部にビームサーベルを1基装備している。
携行武装は主にクレイ・バズーカやビーム・ピストルを装備している。
これらは背部のウェポンラックに搭載可能であり、背部装備状態でもビームピストルは射撃可能となっている。

ちなみに「第二世代MS」を示す要素としては、リニアシートと全天周囲モニターの採用、内骨格としてムーバル(ムーバブル)フレームの導入、ガンダリウムγの使用が挙げられている。